リーガルブログ

2018年6月

2018年6月の記事一覧です。

土地の名義変更と税金

2018年06月29日


「親がもっている土地に、建物を建てたいと思っているのですが」

というご相談をよくお聞きします。

そこで皆さん悩まれるのが、
「土地の名義変更はしておいた方がいいのか?
変更するなら贈与で?それとも売買にした方が税金が安い??」
というところ。 

各場合にかかる税金について
少しまとめてみました。(※2018.6現在の情報です)
----------------------------------------------------------------------------------

①名義変更をしない

・特に新しくかかる税金はありません。

※この場合は、
将来親御さんがお亡くなりになった際に、
相続登記をすることになると思います。

相続関係が複雑だったり、相続人間の仲が悪かったりすると、
スムーズに手続きできない場合があります。
また、今は良くても、
今後の状況がどのように変化するかはわかりません。

「名義が変えられない!」というリスクを回避するため、
当事務所では、なるべく早く名義変更を済ませておくことをおすすめしています。
(もちろん、無理のない範囲で、ですが)

②贈与の場合

・贈与税・・・国税庁HP
※一定の場合には「相続時精算課税制度」の利用が可能です。
(使用すると、2,500万円までは贈与税がかかりません)

・登録免許税・・・固定資産税評価額×20/1000

・印紙税・・・贈与契約書に添付します。200/

・不動産取得税・・・宅地の場合は、固定資産税評価額×1/2×3

★取得者には、今後、固定資産税/都市計画税がかかります。

③売買の場合

・登録免許税・・・固定資産税評価額×15/1000

・印紙税・・・売買代金によって金額が変わります。

・不動産取得税・・・宅地の場合は、固定資産税評価額×1/2×3

・売買代金・・・親族だからといって安く設定しすぎると、
贈与とみなされてしまい、贈与税が課せられることもあるので注意。

・譲渡所得税・・・国税庁HP

★取得者には、固定資産税/都市計画税が今後かかります。
--------------------------------------------------------------------------
・・・いかがでしょうか。
一口に「名義を移す」といっても、
いろいろな方法があって、いろいろな税金がかかってくるのですね。

「うちの場合は、どの方法が合っているのだろう?」
という方は、お気軽にご相談ください。
税理士の先生をご紹介することも可能ですよ。

お問い合わせはこちらから

以下のボタンよりフォームへ移動し、必要事項をご入力の上、送信ください。

 

お問い合わせフォーム

遺言の立ち合い

2018年06月22日

お客様の公正証書遺言作成には四親等内の親族でない等の証人が二人立ち会うことになっています。最近、続けざまに、死期近い方の遺言に立ち会いました。

 

そのお気持ちはいかばかりかと?

若いお子さんのいないご夫婦、奥様は末期がんで、お二人名義の家のことでの遺言でした。辛いでも、心からあとに残される方を気遣うやさしさを感じるものでした。自分がもしその立場だったら、はっきりと「お願いします」と言えるのでしょうか?

 

「元気になってくださいね」と握手するようにしているのですが、彼女の遺言は、私の心に深く残ると思います。

 

突然のご病気は仕方がないとしても、ある年齢に達したら、自分の集大成で、持ち物(財産)の整理、残された方が困らないよう 形に残しておくことをおすすめします。

ある年齢はその方が気づいたときということで・・セミナーも行っています。笑って行える終活のお手伝いができたらと心から思っています。

♡ 桑鶴順子 ♡

民法改正セミナーの講師をさせていただきました

2018年06月21日

こんにちは

 

みなさん、W杯観ていますか?

全試合チェックしてて、寝不足な方もいらっしゃるかもしれませんw

 

今大会荒れる感じがしております・・・

どこが勝つか分からない大会になりそうです。

 

日本もコロンビアという格上相手に勝利をもぎとったので、次のセネガル戦で最低でも勝ち点1をとれればグッとグループリーグ突破が見えてきますshine

もちろん勝利を期待しています!!

25日の日曜の深夜からですが、観戦したいと思います!

 

 

本題からだいぶずれてしまいましたが、今日は代表の桑鶴が講演させていただいたので、そのご報告です。

今年もいろいろなところで講演をさせていただいております。

ご依頼いただきまして、本当にありがとうございます。

 

今日は不動産業者様の会で、民法改正についての講演をさせていただきました。

平成30年に改正となりますが、大幅に変わりますので、変わる点や注意する点をご紹介させていただきました。

 

IMG_0307.jpg



契約書の内容や確認事項等も改正によって変わるため、実際に対応が必要です。

当事務所からも、定期的に情報提供をさせていただきながら、周知させていければと考えております。

ブログでもご紹介することがあるかと思いますので、たまーにチェックしていただければ幸いですw




皆様のご要望の内容で講演をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。


梅雨らしい天気が続きますし、局所的に大雨になることもありますので、充分注意してお過ごしください。


それではまた!

 

信託登記無事完了!

2018年06月14日

こんにちは

 

ついにサッカーW杯が始まりますね。

楽しみではありますが、寝不足に注意したいと思いますw

日本は格上ばかりではありますが、なんとかグループリーグ突破してほしいと思います!

 

 

さて今日は、以前信託契約書を締結したというブログを書かせていただいたのですが、その登記が無事完了しましたので、ご報告も兼ねてご紹介させていただきます。

以前のブログはコチラ↓↓↓

今年度初めての家族信託契約の締結

 

 

当事務所で実際に信託がスタートしている件数は、今回で3件目となります。

鹿児島でも積極的に取り組んでいる先生や業者さんも増えてきているので、今後も増えていくのではと思っております。

まだまだ実務的には整備されていないところが多々ありますので、この制度自体がどんどん認知されていければいいなと思います。

 

 

以前もご紹介はしたのですが、不動産を信託すると各法務局の管轄でどの程度信託されたかという通し番号がつきます。

現在(H30.5.25時点)、鹿児島地方法務局で21件(今回のも含む)が信託されているようです。

当然全体の登記件数から比べればものすごく少ないのですが、ほんとに少しずつですが増えてきている印象です。

今も何件かお客様と信託でのやりとりをさせていただいております。

 

 

認知症対策で活用する場合は、設計自体も比較的シンプルですので、活用しやすいかと思います。

そうしたリスクヘッジをお考えの方は、ぜひお気軽にご相談いただければと幸いです。

 

 

それではまた!

「ナショナリズム」について

2018年06月12日

今月からサッカーのワールドカップが始まりますね。すごく盛り上がるでしょうね。  

サッカーの試合を観戦してますと、どこの国も自分の国に対する思いは大変なものです。

多くの人たちがサッカーでの自分の国の勝敗に一喜一憂しますね。

やはりナショナリズムというのは人間の本能なのであろうと思えます。 

自分の国を愛し、自分の国から英雄がでることを期待し、自分の郷土の代表が活躍するのをまるで自分のことのように応援してます。

人間の自然の発露としてのナショナリズムは本来非常に健全なものなのですが、その反面危険も含んでいる気がします。

でも、難しいことを考えず、楽しみながら応援しましょう。


 フレーフレー 日本sign03soccer

桑鶴 浩二 

気分転換の方法

2018年06月08日

 

こんにちは!東開事務所所属、経理担当の喜禎です。

早くも6月に入り、2018年もそろそろ折り返し、、、月日の流れが本当に早いです。

今年のはじめ頃、「機嫌の良い人でいる」というふわっとした目標を立てました!

ですが、全然守れていません。(特に子どもたちに対して)些細なことでイライラして、ひどい顔で怒って、しばらくして自己嫌悪に陥るという負のループから抜け出したいところですwobbly

考えてみれば昔はもっと上手に気分転換ができていたように思います。

カラオケや飲み会に行く、映画を観る、読書にふける、髪型や色を変えてみる、e.t.c...

若いから出来ていたことも多々あるので(笑)、

今の自分に合った気分転換の方法をまずは探してみようかと思います!

そしてなるべくご機嫌に毎日を過ごせるように頑張ります。

そういえば今朝は、中山バイパス走行中に、目の前の車がその前の車に追突するところを目撃しました。

梅雨入りしたこともありますし、ますます運転は気をつけなければと思うところでした。

 

↑去年福岡へ行った際に朝から食べたラーメン。美味しかったですlovely

気分転換にまた食べに行きたいです!!