リーガルブログ

県外の方へ

主に県外の方向けの内容を掲載していきます!

【相続学校・番外編】「遺産整理」をご存知ですか?

2015年11月02日

今回は、金生相続センターよりお届けします!

最近相続学校の更新が滞っており、すみません・・・
しかし!金生相続センターは、水面下で動いておりました!

近日中に、ホームページに「あるお手続き」についてのご案内を掲載予定なのですが、
そちらの原稿づくりに勤しんでおりました。

遺産整理」ということばをお聞きになったことがあるでしょうか?
割と近年盛んになってきた業務で、
リーガルフラッグでも
遺産整理についてのご相談やご依頼が増えてきております。

今回は【相続学校・番外編】としまして、
遺産整理業務について、簡単にご紹介したいと思います。

------------------------------------------------------------------------------

先ほどもありましたが、「遺産整理手続き」とは、
相続人の方全員と契約を結び、 
相続財産の名義変更や預貯金等の解約などを
相続人様に代わって行う業務です。

亡くなった方は鹿児島に住んでいたが、相続人がみな県外にいる・・・という方や、
相続のややこしい手続きが苦手・・・という方、
役所や銀行が開いてる平日の昼間は、仕事や家事で時間がない・・・
といったお客様にご好評いただいております。

リーガルフラッグの遺産整理手続きでできることは、

 

  • 戸籍等の代理取得
  • 相続財産の調査
  • 相続財産目録の作成
  • 不動産の名義変更
  • 預貯金の解約・払い出し
  • 有価証券の名義変更 
    などなど。

 

お客様へお願いするのは、基本的に
提出書類へのご署名・ご捺印、印鑑証明書の取得のみですので、
リーガルフラッグにご依頼いただくことで、
手続きにかかる時間と手間は大幅に少なくなります。

また、気になる費用ですが、
実費(登記にかかる登録免許税や郵送代、戸籍代等)+報酬30万円(税別)から
信託銀行などでは、報酬は最低でも100万円(税別)からなので、
遺産整理としては、お手頃な価格ではないでしょうか。

そして、相続税の申告や社会保険のお手続き等が必要な場合は、
当事務所が提携しております相続ネットワーク様を通じて、
各専門家の先生をご紹介することができます。

------------------------------------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか?

リーガルフラッグでは、ご相談は何度でも無料です!

お手続きについてのご質問などございましたら、

電話 → 099-221-0015

メール → kinsei@legal-flag.com

まで、お気軽にご連絡ください。

空家を解体する際はぜひ補助金をご活用ください!

2015年08月31日

こんにちは

 

明日から9月ですね!

まだまだ暑い日が続いていますが、この時期は異動の時期ですね!

多くの会社がこの時期に異動が発表されます。

既に新しい場所で働かれているかも多くいらっしゃるのではないでしょうか?

全く知らない土地に行くこともあると思いますが、その土地のよさや自分のお気に入りの場所を見つけられるといいですねshine

 

さて、もし県外や遠方に異動したときに、そのままその場所にずっといることも考えられますよね。

そうした場合に、実家や既に自分のものになっている家などを、相続したりして、そのまま放置したりしてしまい、その後誰も住まない空家のままにしておくと、老朽化によって家が傾いたりしてしまうことで、トラブルに巻き込まれることもございます。

 

そのような場合は、解体することがひとつの解決方法として挙げられます。

でも費用がかかるのは…と思っている方は、ぜひ市などの補助金をご活用ください。

要件等はございますが、補助金がでることでご自身の負担が減ります。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

2014528112628.jpg

 

※リンク先は鹿児島市の場合です。県や市町村で内容が異なりますので、ご確認ください。

 

 

空家を解体したいと思っている方は、参考にしてくださいませm(__)m

申請に関しましては、当グループの行政書士が申請のお手伝いをすることもできますので、ぜひともご相談ください。

また解体する際に、注意する点等がございますので、一度専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 

解体のことだけではなく、空家に関する管理や、処分に関するご質問などがございましたら、当グループから関連の企業様へご連絡することも可能です。

 

何かありましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

県外にお住まいの方へ

2015年08月24日

県外にお住まいの方へ

現在、県外にお住まいの方で、ご両親が鹿児島にいらっしゃる方、もしくは鹿児島に相続した土地・建物をお持ちの方などはいらっしゃいませんでしょうか?

ご両親が鹿児島にいらっしゃる場合、もしご両親が亡くなったとき、その土地は相続財産として相続人に引き継がれます。ご兄弟が県内にいらっしゃって、その方が家を継ぎ、管理してくださればいいですが、そうではない場合、誰かがその土地を管理する必要があります。

また住んでいない土地・建物を鹿児島にお持ちの方、現在管理はどうされていらっしゃいますか?そのまま放置していらっしゃる方も多いかもしれません。しかし空家をそのままにしておくと、近隣に迷惑をかけてしまい、問題になることも考えられます。さらに平成27年の5月に「空家対策特別措置法」も施行され、現在支払っている固定資産税が大幅に上がる場合もございます。

しかし、遠方に住んでいるとなかなか通うのは大変ですし、管理するというのも現実的に難しいです。また固定資産税や管理・維持費などの固定費がかかるほか、近隣から文句を言われてしまうと、その対応をしなければならない可能性も否定できません。

どんな対策をすればいいのか?

大きな対策としては、3つほど考えられます。
①更地にする
②維持・管理する
③売却する

①に関しては、更地にすることで空家自体がなくなりますので、近隣に迷惑をかけることはなくなります。また再度活用する場合に幅が広がり、有効活用しやすくなります。しかし更地にする費用がかかるほか、固定資産税もあがりますし、草などの除去等の継続的な管理も必要になってきます。

②は、きちんと維持・管理を行うことです。また修繕することで、誰か人に貸したりすることができ、その方に維持管理をお願いすることもできるかもしれません。しかし、遠方に住んでいる場合、定期的に訪問し、維持・管理することはとても手間がかかるため、大きな負担になってしまいます。

③は、売却できれば空家問題から開放される上、所得にもなります。しかし、いつ売れるかどうかは確約されませんし、立地条件によっては売れる可能性がかなり低く、どこも買い手がつかないこともありえます。また傷み具合によっては、修繕してからでないと売却できない場合もあると思われます。また心情的に、先祖代々の土地を手放すことに抵抗をお持ちの方もいらっしゃいます。

どこに相談すれば...

もしこれらのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、一度リーガルフラッググループにご相談してみてはいかがでしょうか?

リーガルフラッググループでは、土地や建物の法律専門家である司法書士、行政書士、土地家屋調査士がタッグを組んで、問題解決に向けた方策をご提案いたします。

また相続手続きをしてからの贈与や売買になるケースもございます。リーガルフラッググループでは、多くのお客様より相続のご相談を受け、相続手続きのお手伝いをさせていただいております。鹿児島市内はもちろん、鹿屋にも支店がございますので、鹿児島全土をカバーしております。

案件によっては、リーガルフラッググループだけでは全てを解決することができない場合もございます。そのため、税理士や社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーなどが集まり、相続に関して一括でご相談できる一般社団法人相続ネットワーク・シャント倶楽部とも提携させていただいております。様々な問題がからむ相続に関して、最小限のご負担で、ワンストップで手続きを進めることができます。

さらに関連する団体や企業様とも協力関係にありますので、お客様のさまざまなニーズにお答えすることができる体制を整えております。

詳しいお問い合わせは、お問い合わせフォーム、もしくは099-260-2010まで