リーガルブログ

自筆証書遺言が利用しやすくなりました


遺言書を書く場合、普通は、公正証書か自筆証書の2通りの方法があります。

公正証書の場合、法的に安心ですが、手続きやコスト面で難があるとの意見があり、 一方で自筆証書の場合は、法的に不安なことや、その中身の改ざんや紛失等のリスクがあるとの意見がありました。

改正により、自筆証書について

①財産目録等は、自筆で書かなくてよくなりました

②紛失等の防止のため法務局での保管手続きができるようになりました

この②点により、自筆証書遺言が利用しやすくなりました。

私も実際、自筆証書を書いて法務局に保管手続きをしました。その流れについては、過去のブログに載せてありますので、お読みください。

争族とならないために遺言書を書こうと思っている方は、リーガルフラッグまでお問合せください。

司法書士 桑鶴浩二