リーガルブログ

「ナショナリズム」について


今月からサッカーのワールドカップが始まりますね。すごく盛り上がるでしょうね。  

サッカーの試合を観戦してますと、どこの国も自分の国に対する思いは大変なものです。

多くの人たちがサッカーでの自分の国の勝敗に一喜一憂しますね。

やはりナショナリズムというのは人間の本能なのであろうと思えます。 

自分の国を愛し、自分の国から英雄がでることを期待し、自分の郷土の代表が活躍するのをまるで自分のことのように応援してます。

人間の自然の発露としてのナショナリズムは本来非常に健全なものなのですが、その反面危険も含んでいる気がします。

でも、難しいことを考えず、楽しみながら応援しましょう。


 フレーフレー 日本sign03soccer

桑鶴 浩二