リーガルブログ

遺言の立ち合い


お客様の公正証書遺言作成には四親等内の親族でない等の証人が二人立ち会うことになっています。最近、続けざまに、死期近い方の遺言に立ち会いました。

 

そのお気持ちはいかばかりかと?

若いお子さんのいないご夫婦、奥様は末期がんで、お二人名義の家のことでの遺言でした。辛いでも、心からあとに残される方を気遣うやさしさを感じるものでした。自分がもしその立場だったら、はっきりと「お願いします」と言えるのでしょうか?

 

「元気になってくださいね」と握手するようにしているのですが、彼女の遺言は、私の心に深く残ると思います。

 

突然のご病気は仕方がないとしても、ある年齢に達したら、自分の集大成で、持ち物(財産)の整理、残された方が困らないよう 形に残しておくことをおすすめします。

ある年齢はその方が気づいたときということで・・セミナーも行っています。笑って行える終活のお手伝いができたらと心から思っています。

♡ 桑鶴順子 ♡