リーガルブログ

会社の株式について


こんにちは

金生事務所の矢切です。

 

今日は、商業班として会社の株式についてお話できればと思います。

司法書士事務所として、前までは誰が株主というのはあまり気にしていなかったように思います。

株主総会できちんと定足数満たしていれば有効となるからです。

 

また中小企業の場合は社長だけや奥様やご家族が持っていることがほとんどなため、もめることもほとんどありません。

昔はそれこそ勝手に株を譲渡したりしていた時代もあったようです。

 

しかし、法改正により株主の内訳を把握し、添付書類として提出しなければならなくなったり、事業承継に取り組むようになり、会社の株主が誰でどのくらい所持しているのか、株価がどのくらいなのかということがとても大事であることに気づかされました。

 

ほとんどの場合は株を実物として持っていないため、そもそも自分がどのぐらい株を持っているか知らない方もいらっしゃいます。

相続が起こったときに、株価がものすごく高くなり、税金をかなり支払ったという話もよく聞きます。

 

そもそも会社の株というのは、出資してくれた方に対して、会社が株を発行し、配当や総会の議決権等の権利を得ます。いわゆる会社のオーナーとなります。

上場企業の場合は、広く公開しており誰でもその株を購入することができ、会社としてはそのお金を会社のために使うことができます。

 

中小企業の場合は、株主総会で会社の決定をすることが多いため、誰が大株主なのかはかなり重要となります。

よく言われる2/3以上持っているといいといわれるのは、会社のことをほぼすべてのことを自分ひとりで決定することができるからです。

中小企業においては、意思決定が早いほうが業務がスムーズに行きます。そのため、基本的には社長兼オーナーとなることがほとんどです。

 

それ自体は問題ないのですが、会社の業績がよければ株価がどんどん上がっていきます。そうなると多くの株式を所持しているため、相続が生じたときに相続税がかなり高くなってしまい、後継者の方が、納税するための資金繰りが大変な場合があります。

 

せっかく頑張ってきた会社ですので、これからも会社が存続していってほしいというのが多くの社長様の意向かと思います。

そのためには、事業承継対策を早めに始めておくことが重要です。

早ければ早いほどで選択肢が増えますし、後継者や従業員にとってもいろいろな準備が出来ます。

 

まずは、株主の把握と今の株価をある程度知っておくことが必要となります。

会社としては、株主名簿を作成して、保管しておく義務があります。

整備されていない会社様は整備をしておかれるといいと思います。

また今誰が株主なのかよく分からない場合は、決算申告書の別表2を見れば、申告している株主が記載されています。

多くの場合はそちらで確認できるかと思います。

 

会社の株式や事業承継に関して、ご不明な点やご不安な点等がありましたら、お気軽にご連絡ください。

それではよい週末!