リーガルブログ

不在者不明土地を減らそう?


 

山林や畑は名義変更しないのですか?

「畑・田は価値が無いから」「山は価値が無いから」 

といって 山だけ名義変更をせずに放っておく。という人もいます

今しなくても、いつか家族が名義変更をしないといけません。

それは、自分の子供かもしれないし、孫かもしれない。そのまたひ孫かもしれませんよ?

 

いつか。になると、時間も費用も掛かってしまいます。

why?

時間がたつと相続人が増えてしまうからです。

では、相続人が増えるとは?

こんな相続関係を見たことがありますか?

 

相関図21.jpg

 

名義人は「おじいさん」ですが、現在ここまで孫たちが増えてます。

いざ自分名義に変えようとすると、兄弟はもちろん、おばさん、いとこ、いとこおい、いとこめい

相続人全員に実印と、印鑑証明書をもらわなければなりません。


価値のない山だって、名義変更しなかったら、いざ名義を変えたい時に

自分の代でこれだけの相続人の方に手続きに協力してもらわないと名義変更は出来ません。

それは、今の法律では行政だって同じです。


 自分が今、名義変更をしなければ、

子供たちはもっと相続人が増えてしまいますよね?

大変な思いをさせたくはありませんよね?

 

ではなぜ名義変更していた方が良いの?

今生きている方に名義変更しなければ、土地を売ったり買ったりすることは出来ません。

もし名義を変えずに土地を買った人は、

今後自分の名義にするには時間と費用が数倍もかかってしまうからです。

そんなリスクを負って買う人はいませんよね。

もし、借りたい人が現れたら?

もし、埋蔵金が埋まっていたら?

もし、価値のある土地になったら?

可能性は無限大です。

 

私たちは、今後も所在者不明土地が少しでも少なくなる事を願っています。

米澤